納得できる歯医者に出会える歯科情報サイト

>

地域のことは地域に聞こう

自治体が地域の歯科情報をもっている?

歯の健康年齢は、地域格差が大きいといわれています。
そのため、厚生労働省のホームページには、「歯科疾患の地域ごとの情報収集をしていく必要があり、そのためには、地域の保健所が管理に中核的な役割を果たしていくことが求められている」と記載されています。
つまり、保健所や市町村保健センターには、国の指導の元、地域の歯科保健情報が集まっているのです。「住民に対する情報提供に努めること」とも書いてあるのですから、有効に活用したいものです。
自治体のホームページにも、歯科情報が載っていることがあります。
東京都のホームページには「歯科保健事業」の一環として、最新の歯科保健に関する知識の情報提供などについても掲載されていますから、参考にしてみてください。

自治体主催の歯科相談会とは

自治体によっては、歯科保健に関する講習会などを行って、歯や口腔に関する知識の普及活動を行っているところがあります。
東京都文京区では、「小石川歯科医師会による歯の健康相談」と題し、歯の健康を守るため、どのような悩みでも無料で気軽に相談できる日程を設けてあります。
その地域の歯医者情報に詳しい専門家に直接相談できるのですから、こんなにいい機会はありません。
引っ越してきたばかりで地域の情報がほとんどわからないとか、自分の症状でどの専門歯科に行ったらいいのかわからないなど、様々な疑問や不安を相談できるならば、気軽にドアをたたいてみたいものです。
ぜひ有効に活用し、自分にあった優良な歯医者をリサーチしていきましょう。


TOPへ戻る